「糖尿病だとどうしてケトン臭がするの??」

糖尿病患者さんから発せられる臭いが気になる時があります。甘いような酸っぱいような何とも言いがたい臭い(^^;)

糖尿病だとケトン臭を発する可能性があります!どうしてなのでしょうか?

そこで気になるのが・・・
糖尿病によるケトン臭の原因

「以前から体臭が変わった…」と感じる場合、もしかすると糖尿病が原因かもしれません(;_;) どんなメカニズムなのかをお伝えしていきますね(^^)

今回は糖尿病によるケトン臭の原因について見ていきましょう!

 

スポンサードリンク


■糖尿病によってケトン臭がするメカニズムとは?


糖尿病によって、なぜケトン臭が発生するようになるのでしょうか?その原因となる物質が・・・

ケトン体

このケトン体は血液によって、体内中を巡ることになります。そして、ケトン体が息や汗などから排出されて、ケトン臭という甘酸っぱい臭いを発生させるのです。

 
糖尿病は、インスリンが不足することによって、血液中のブドウ糖を上手くエネルギーに変換できなくなる病気。

そんな場合でも、体は何とかしてエネルギーを生成しなければなりません。そこで、ブドウ糖の代わりとして、脂肪からエネルギーとして利用するようになります。

脂肪を分解する際に副産物として産生されるのがケトン体という物質。

体内の血液中を巡るケトン体によって、口息や体臭までケトン臭を発生させるようになるのです。

 
体臭がキツいと、周囲の人へと影響を及ぼしてしまうのは辛いもの(^_^;) 何とかしてケトン臭を抑えていきたいですよね!

続の章でケトン臭を改善させる方法を見ていきましょう!

 

スポンサードリンク


■ケトン臭を改善するためには?


上記でもご紹介した通り、糖尿病特有の汗の臭いの原因は、脂肪をエネルギーに分解する時に発生するケトン体でしたね。

このケトン体を発生させないようにするためには、ブドウ糖からエネルギーを上手く産生できるようなメカニズムに戻すことが鍵。

つまり、血糖コントロールをすることが根本的な改善方法なのです。

基本的な治療法である食事療法・運動療法をしっかりと行い、血糖値を改善していく必要があります。生活習慣を変えることには根気がいりますが、根本的な解決が一番大切!

食事療法は、一般的に医師や栄養士から食事の摂取カロリーや栄養バランスに関する指導があります。

炭水化物中心の食事・甘いものを食べ過ぎるなどの行為は、血糖値を上昇させます。その結果、汗の臭いを強くする原因となりますので、注意をしていきましょうね!

 
また、運動療法も非常に大切。血糖値を下げることや、インスリンの働きを高めるのに効果的です。

体にあまり負担をかけず、効果的なのが有酸素運動としてもよく知られているウォーキング。ダイエット効果もあり、食事療法と一緒に行うことで、より効果を高めることができます。

 
食事療法と運動療法をしっかりと行うことによって、ブドウ糖を利用するメカニズムに改善させていきましょう!

 

■まとめ

糖尿病によってケトン臭が出る原因について振り返っておきましょう。

<糖尿病によるケトン臭の原因はコレ!>
ケトン体

 
ケトン体が発生するメカニズムについて、まとめてみました!

<ケトン体が発生するメカニズム>

糖尿病だとブドウ糖を上手くエネルギーに変換できなくなる
 ↓
代わりに脂肪をエネルギーとして利用するようになる
 ↓
脂肪を分解する際にケトン体が産生される

 

産生されたケトン体は血液を通して全身に運ばれます。そうすると、甘酸っぱい臭いのするケトン臭が発生するのです。

体内のメカニズムが原因なので、制汗剤や汗をこまめに拭くといった対応では解決しません。根本的な体内メカニズムの改善が必要なのです。

それは、血糖コントロールを行うこと。食事療法・運動療法をしっかりと行うことが重要です。

ケトン臭は周囲に影響を与えてしまいますよね(^^;) 人前に出る度に臭いを気にしなければならないのは、精神的な負担となります。

それを防ぐためにも、糖尿病の治療をしっかりと行い、体のメカニズムを改善させていきましょうね!

(Visited 516 times, 1 visits today)