「低血糖になると、どのくらいのブドウ糖が必要なの??」

私の母親が低血糖になったことがあります(;_;)

その際には、空腹感と眠気が強くなるという症状が起こりました。早急にブドウ糖を摂取することによって、無事に解消することができました!

しかし、低血糖の際に、ちょっと気になることがあったとのこと。それが・・・

低血糖時に必要なブドウ糖の量

重症化すると意識不明になったり、命に関わる場合さえある低血糖。少な過ぎると症状を解消できないし、多すぎるとその後の大幅な血糖値の上昇が懸念されてしまいますよね!

具体的にどのくらいの量を摂取すればよいのかを知っておくと、万が一の時にも不安が少ないもの(^^)

そこで今回は低血糖の時に必要なブドウ糖について見ていきましょう!

 

スポンサードリンク


■低血糖の場合に必要なブドウ糖の量とは?


低血糖の場合には、どのくらいのブドウ糖が必要なのでしょうか?その目安が・・・

10g

ブドウ糖の量というのが大きなポイント!それは、糖分の中でブドウ糖が最も吸収効率に優れているからです。

「飴やチョコレートなどの糖分の多いお菓子でもよいのでは?」と思うかもしれません。しかし、これらのお菓子はブドウ糖のみで構成されているわけではないため、吸収効率が悪く即効性に欠けるのです!

甘い物=ブドウ糖というわけではありません。そのため、可能な限りブドウ糖を摂取するものが望ましいです。

 
ブドウ糖は薬局などで売られています。私はこのブドウ糖を味見したことがありますが、粉っぽい上に甘いだけで美味しくない(^^;)

そこで、手軽に美味しくブドウ糖10gを摂取できる商品としておすすめなのがグルコレスキューという商品。

ブドウ糖を効率よく摂取できます!25gと記載されていますが、ブドウ糖そのものは10gです。

グルコレスキューの大きな利点はこの2つ。

  • ゼリータイプで食べやすい
  • 味が付いている(ヨーグルト風味)

グルコレスキューを味見してみましたが、味が付いていて普通に食べても美味しいと思いました(^^) 同じブドウ糖を摂取するのであれば、なるべく美味しいものがよいですよね。

薬局などで購入できますが、わざわざ探しに行く手間をかけたくないかもしれません。そういう場合には、Amazonなどのインターネットからでも手軽に購入できるので、常備しておくと大変便利!

 
低血糖対策で大切なのが、このようなブドウ糖摂取に特化した商品を手元に用意しておくこと。しかし、万が一手持ちがない場合、手軽に代用できるものはあるのでしょうか?

そんな時にオススメの代用品がラムネ。スーパーのお菓子売り場などですぐに手に入るのがラムネの大きな利点です。

ラムネは主成分がブドウ糖でできているため、15粒ほど食べれば必要量を満たすことができます。低血糖時にはちょっと多い量かもしれませんけどね(^^;)

 
低血糖が起こり始めたら、重症化しないうちに対処したいものです。早めに対処したいものですが、どのタイミングでのブドウ糖が望ましいのでしょうか?

続いてブドウ糖を摂取するタイミングについて見ていきましょう!

 

スポンサードリンク


■ブドウ糖を摂取するタイミングは?


低血糖の症状には段階があり、軽い症状から始まります。重症化すると、意識消失やけいれんといった症状を引き起こすことにもなりかねません。

そのため、軽い症状の段階でブドウ糖を摂取し、低血糖を食い止める必要があります。

軽い低血糖の時に生じる症状には次のものがあります。

  • 空腹感
  • 冷や汗
  • 不安感
  • 動悸
  • 手の震え
  • あくび

低血糖によってこれらの症状が出始めた際には、すぐにブドウ糖を摂取する必要があります!

上記のうちどの症状が出るかは、個人差があります。以前にも経験がある場合には、どんな症状が出るのかをすぐに思い出せるようにしましょう。

低血糖が起こる場合のことを想定して、すぐに対処できるようにしておくことが大切。自分で血糖測定ができるのであれば、「低血糖かもしれない…」と感じた時点で血糖値を測ることが望ましいです。

血糖値が70mg/dl以下になると、上記に挙げたような症状が出始めます。自己血糖測定での血糖値が70mg/dl以下である場合には、すぐにブドウ糖を補給するようにしましょうね!

 

■まとめ

低血糖だとブドウ糖の量はどのくらい必要なのかを振り返っておきましょう。

<低血糖時に必要なブドウ糖はこの量!>
ブドウ糖10g

 
わざわざブドウ糖と書いているのには、意味があります!

甘いものであれば同じだろうと思われるかもしれませんが、ブドウ糖以外の糖だと吸収効率が悪いのです。つまり、血糖値を上げるまでに時間がかかってしまうということ。

その点ブドウ糖は吸収効率に優れているため、低血糖を改善するために非常には効果的!

ブドウ糖は薬局などで売っています。ブドウ糖は美味しくないのがちょっと残念(^^;) 味と手軽さを求めるのであれば、グルコレスキューという商品がオススメ!

もしも、低血糖が起きた時にブドウ糖がなければ、ラムネでも代用可能です。ラムネは主成分がブドウ糖でできているため、15粒ほど食べれば10gを摂取できます。

低血糖時にはブドウ糖10gと覚えておき、早く対処を行っていきましょうね!

ブドウ糖がなぜ吸収効率に優れているかに触れた記事もあります。こちらもご参照くださいませ。
⇒ ブドウ糖が血糖値上昇に効果的なのはどうして?その理由がコレ!

(Visited 4,939 times, 4 visits today)