「糖尿病が発症する年齢は、何歳頃からが多いの?」

糖尿病の病態について関心のある私ですが、糖尿病が何歳頃から発症するのかをあまり気にしたことがありませんでした(^^;)

病院の患者さんを見ている印象だと、「40歳頃から増えてくる気がするなぁ・・・」という印象くらい。実際はどうなのでしょうか?

糖尿病は以前『成人病』と言われていた病気の一つ。つまり、加齢と共に発症する可能性も高くなっていくということ。

現在では、生活習慣が深く関与していることが分かったことから、生活習慣病と呼ばれています。

具体的にいつ頃から発症してくるのでしょうか?そこで、調べてみたのが・・・

糖尿病の発症年齢

このことを知っておくことで、早いうちからの対策を意識できますよ!発症が増加する年齢が近づいたら、ぜひこまめな検診や生活習慣の改善を心がけたいもの(^^)

そこで今回は糖尿病発症年齢についてお伝えしていきますね!

 

スポンサードリンク


■糖尿病が発症しやすい年齢とは?


糖尿病は年齢に関わらず発症する1型と、加齢や生活習慣と密接な関係のある2型に分けられます。1型には小学生以下が発症する小児糖尿病も含まれ、加齢との関係はほぼありません。

そのため、糖尿病患者の95%が対象である2型糖尿病の場合について、お話を進めていきますね!

 
厚生労働省が発表した平成27年「国民健康・栄養調査」の結果について見ていきました。

資料の中に「糖尿病が強く疑われる者」の割合を示した項目があります。年齢が上がるにつれて、その割合も上がっていることが示されています。

具体的な数値が下記です。

<糖尿病が強く疑われる者の割合>
・ 30~39歳  男性1.8% / 女性1.0%
・ 40~49歳  男性7.3% / 女性2.8%
・ 50~59歳  男性18.8% / 女性6.5%
・ 60~69歳  男性22.9% / 女性11.4%
・ 70歳以上   男性27.3% / 女性17.2%

 

糖尿病は30歳代から発症する可能性が出てきてきます。40歳代では、男女ともにちょっとずつ増えてきていますね(^^;)

特に注目したいのが50歳代。50歳代以降は男女ともに顕著に増加しているのです!

 
どうして50歳代から糖尿病を発症する可能性が高くなるのでしょうか?

加齢と糖尿病との関係について、次の章で詳しく見ていきましょう!

 

スポンサードリンク


■加齢によって糖尿病が多くなる理由とは?


加齢により糖尿病が多くなるのには、生活習慣の積み重ねの他に、体の老化と大きく関係があります。加齢と共に臓器機能は衰え、様々な病気を引き起こしやすくなりますが、糖尿病も例外ではありません。

特に50歳代からは、この傾向が強く現れてくるのです!

それには、血液中のブドウ糖の量を下げるホルモンであるインスリンが大きく関わっています。

50歳代から糖尿病が多くなる具体的な理由は主に2つ。それは・・・

  • インスリン分泌量の減少
  • インスリン抵抗性の発現

それぞれについて詳しく見ていきましょう!

インスリン分泌量の減少

インスリンは、血糖値が下げる働きをしています。しかし、加齢に伴いインスリン分泌量が減少します。

インスリンは膵臓から分泌されますが、加齢と共に膵臓の機能が低下することによって、インスリン分泌量が減少してしまうのです。

つまり、若い頃から生活習慣を変えていなくても、加齢によって糖尿病を発症するリスクは高くなっていくということ。

そのため、栄養バランスの良い食事や定期的な運動習慣によって、膵臓に余計な負荷をかけないようにすることが大切なのです。

インスリン抵抗性の発現

インスリン抵抗性という言葉は、あまり聞きなれないですよね(^^;)

インスリン抵抗性とは、インスリンに対する反応性が低下すること。そうすると、血糖値が下がりにくくなるのです。

加齢によって、インスリン抵抗性が現れやすくなります。それは、体重の増加や体脂肪率の増加が起こりやすくなるから。

脂肪組織がインスリンの効き目を阻害するのです。つまり、体脂肪(もしくは体脂肪率)の増加によって、糖尿病を発症しやすくなるということ!

最近では食生活の変化や車社会による運動量の低下などにより、高齢者でも肥満の割合が増えています。そのため、適正なカロリーを守った食事やこまめに体を動かすことが大切です。

 
加齢によって糖尿病を発症しやすくなることを頭に入れ、早めの対策を心がけていきましょうね!

 

スポンサードリンク


■まとめ

糖尿病が発症する年齢がどのくらいかを振り返っておきましょう。

<糖尿病発症が急激に発症する年齢はコレ!>
50歳代から発症率が急増する

 
糖尿病は今日明日ですぐになる病気ではありません。不規則な生活習慣が長年続くことで、発症してしまうのです!

30歳代・40歳代で体に負担のかかる生活を続けていると、いつの間にか血糖値が高くなっているという事態になりかねません・・。

好きなものばかり食べて、動かずに寝るなんて生活を続けていたら危ないなと感じました!偏った生活をしていると、高血圧症・脂質異常症といった生活習慣病になる可能性も高くなるわけですからね(;_;)

そうならないためにも、食事や運動には十分気を配りましょう。検診結果で血糖値の上昇傾向が見られるなどの兆候があった場合には、早めの生活習慣の改善が必要です。

糖尿病の発症や悪化を防ぐためにも、ぜひ定期的な検診を受けたり、生活習慣の改善を行っていきましょうね!

(Visited 1,685 times, 2 visits today)