「高血糖になると、どうして脱水状態になるの??」

私の友人の父が糖尿病なのですが、毎日2Lのペットボトルを空けていましたΣ(゚Д゚) 水分が猛烈に欲しくなるほど喉が渇いて仕方がないとのこと。

「さっき水分を摂ったはずなのに、すぐ水分が欲しくなるんだよ・・・」と言っていました(^^;)

糖尿病は高血糖の状態が続く病気。怖いのは、目・腎臓・神経などの有名な合併症だけではありません。

水分がどんどん出ていく脱水の症状もあるのです!そこで気になるのが・・・

高血糖による脱水のメカニズム

どうして高血糖の状態が続くと、水分が体の外へどんどん出ていくようになるのでしょうか?

それは、体がある物質を追い出そうとするから。水分とどういう関係があるのかを見ていきましょう(^^)

今回は高血糖による脱水メカニズムについてお伝えしていきますね。

 

スポンサードリンク


■高血糖で脱水になる原因とは?


高血糖の状態が続くと、水分を摂ってもすぐに体の外へ出てしまいます。

こうした症状が起こるのは、体がある物質を排出しようとしているから。その物質が・・・

血液中のブドウ糖

糖尿病になると、血液中に余分なブドウ糖があふれることによって、高血糖状態が続きます。体はなんとかしてこの余分なブドウ糖を排除したいわけです!

そこで行われるのが、ブドウ糖の濃度を薄めようとすること。そのために、摂取した水分が細胞から血管内に多く取り込まれます。

しかし、血管内に増え過ぎた水分を出さなくてはなりません。水分を排出する役割を担うのが尿

ブドウ糖をより多く排出するために、体に必要な水分まで排出されることになります。結果として、脱水状態に陥るわけです。

つまり、この一連の働きは、血液中のブドウ糖の量を調整するために起こる反応ということ。

 
脱水というと、夏の気温が高い時や高熱の時などにたくさん汗をかいて起こるイメージがあるかもしれません(^_^;)

しかし、糖尿病によって起きる可能性も十分もあるのです!

脱水と言われてもなかなかピンと来ないかもしれません。糖尿病による脱水には、どういった特徴があるのかを知っておきたいですよね!

続いて、糖尿病による脱水の特徴をお伝えしていきます。

 

スポンサードリンク


■糖尿病による脱水の特徴とは?


糖尿病による脱水は、ただ喉の渇くというだけではありません。糖尿病による脱水の特徴的な症状、それは・・・

トイレの回数が多くなること

糖尿病によって脱水状態になると、血糖値を調整しようとする体の働きによって、水分が尿として多量に排出されるのです。

喉の渇きを感じて水分を多く摂っても尿として排出されるため、脱水状態になってしまいます。そして、水分を摂るという悪循環に・・・(-_-;)

つまり、こういう状態になるということ!

喉の渇き→水分を多く摂る→尿として排出→脱水状態→喉の渇き・・・
 
通常であれば、必要な量の水分は腎臓によって再度体に戻されます。

しかし、高血糖によってそれが行えないため、多量の水分が尿となって排出されます。体の各所で水分を集めては、余計に排出するということを繰り返すことになるのです。

怖いのが、この悪循環は根本原因である高血糖の状態が変わらない限りずっと続くこと。

 
気温が高い時などの脱水との区別は簡単です!この場合は、体は水分を外に出さないように働くため、トイレの回数は増えません。

喉の渇きが酷いかつトイレの回数が多い場合には、高血糖による脱水が疑われます。

しかし、水分の摂取を我慢しては危険!脱水症状を引き起こさないように、十分な水分摂取を行う必要があります。

喉の渇きと水分補給のポイントについては、こちらの記事をご参照くださいませ。
⇒ 糖尿病による喉の渇きの原因とは?どのくらいだと危険!?

 
高血糖による脱水は放置して治るものではありません!

根本的な原因である高血糖の改善を心がける必要があります。食事療法・運動療法を中心とした糖尿病の治療をしっかりと行っていきましょうね!

 

■まとめ

<高血糖による脱水のメカニズムがコレ!>

血液中の高血糖の濃度を薄めようとする
 ↓
血管内の水分が多くなる
 ↓
増え過ぎた水分が尿として排出される
 ↓
体に必要な水分まで排出される
 ↓
脱水状態になる

 
高血糖だと脱水になりやすいのは、血液中の余分なブドウ糖を水分で薄めようとする体の機能が働くから。

高血糖であるほど、その濃度を薄めるために水分が必要なわけです。高血糖の状態になると、私の友人の父のように水分をたくさん摂っても、すぐに出てしまいます(^_^;)

ただし、そこで水分を抑えようとするのは厳禁!脱水症状につながる危険性があります。

根本的な原因である高血糖を改善していく必要があります。食事療法・運動療法を中心に、糖尿病の治療をしっかりと行っていきましょう!

(Visited 1,035 times, 1 visits today)