「糖尿病だと肌荒れが起こりやすくなるの??」

糖尿病である私の母は、皮膚科に通っています。それは、肌がカサカサしてかゆみが出る肌荒れが起こりやすいから!

私は当初、血糖値と肌荒れは無関係と思っていました(^^;) しかし、そうではなかったのです!

肌荒れはそれほど重い症状ではないため、あまり深刻に考えないかもしれません。ただし、血糖値が高くて肌荒れがある場合は要注意!

血糖値が高い状態のことを高血糖と言います。高血糖と肌荒れには、どんな関係があるのでしょうか?

そこで気になるのが、高血糖が肌荒れを引き起こす原因。その原因は主に2つ。

  • 肌の乾燥
  • 細菌の感染

これらの原因を知っておけば、その後の対策を立てやすくなります。「原因が思いつかないけどかゆい・・・ 」という不安を解消していきましょう!

今回は血糖値肌荒れ原因になるのはどうしてかを見ていきましょう!

 

スポンサードリンク


■原因①:肌の乾燥


肌荒れの原因の1つ目は乾燥によるもの。

血糖値が高くなると、肌が乾燥しやすくなります。それは、体内が水分不足になる傾向があるから。

そのメカニズムをご説明しますね!

血糖値が高くなるということは、血液中のブドウ糖が増加した状態。血液中のブドウ糖の濃度を薄めようとするために、細胞の水分が血液へと引っ張られてしまいます。

増加した血液中の水分は、尿や汗によって排出されます。そうすると問題が・・。

尿や汗によって、体に必要な水分まで出てしまうのです。その結果、体内の水分が不足するため、肌が乾燥しやすくなります。

肌が乾燥すると、外部からの刺激に敏感になるため、肌荒れを引き起こす原因となるのです。

 
高血糖が肌荒れを引き起こすもう1つの原因として、細菌に感染しやすくなることもあります。

どういうことなのかについて、次の章で詳しく説明しますね!

 

スポンサードリンク


■原因②:細菌の感染


肌荒れの2つ目の原因は細菌の感染によるもの。

血糖値が高い状態が続くと、皮膚の細菌に感染しやすくなります。どうして菌に感染しやすいかというと、高血糖によって免疫機能が低下するから。

体の中には菌から体を守る免疫機能があります。その中でも、白血球の一種である好中球という血液細胞が、外部から菌を排除する役割を担っています。

しかし、高血糖の状態が長く続くと、好中球の働きが低下します。その結果、細菌を排除する働きが鈍り、免疫機能が低下するのです。

 
細菌による感染で代表的なのが黄色ブドウ球菌

軽い程度の症状のことを“毛包炎”と呼びます。毛の根元(毛包)の部分に感染しますが、この段階ではかゆみを感じない場合が多いです。

もっと症状が酷くなる症状が“おでき”です。表皮の下に膿がたまって盛り上がり、その部分にかゆみや痛みを伴います。首の後ろ・顔・お尻・太もも・背中にできやすいです。

さらに症状が悪化すると、傷口などから入り込んだ細菌の感染が皮膚の深い部分にまで広がる可能性があります。細胞を壊死させるため、重症化すると生命に危険が及ぶ恐れもあります。

 
糖尿病による免疫機能の低下によって、細菌感染が起こり、肌荒れを引き起こします。悪化すると、激しい炎症や化膿もつながる可能性も(;_;)

そのため、肌荒れが起こった場合は、できるだけ早く対策を講じることが大切です。

続いて、具体的な対処法について見ていきましょう!

 

スポンサードリンク


■対策はどうすればいい?

高血糖による肌荒れを抑えるには、肌の乾燥と細菌への対策が必要となります。

それぞれについて見ていきましょう!

① 肌の乾燥への対策


糖尿病の場合だと、健康な人と比べて水分が体外に出ていく傾向にあるため、肌が乾燥しやすいです。コップ1杯程度の少量の水を1日6~8回程度に分けて飲むことを意識しつつ、十分な水分補給を行いましょう。

また、肌のケアも大切。

皮膚に菌が繁殖することを防ぐには、肌を清潔にすること。ただし、洗いすぎると必要な皮脂まで落としてしまい、肌の乾燥を強めてしまうので、注意が必要です。

入浴後は特に肌が乾燥しやすいですので、以下のことに注意を払いましょう。

<入浴時・入浴後の注意事項>

・必要な分の皮脂を保つために、お風呂は38~40℃のぬるめのお湯にする。
・石鹸やシャンプーを、肌に刺激の少ないものにする。
・入浴時間は20分以内にする。(長風呂は皮脂や角質のうるおい成分が流れてしまう可能性がある)
・力を入れてゴシゴシこすると肌を傷つけてしまうので、優しく洗う
・入浴後は肌が乾燥しやすいので、保湿クリームで保湿を行う。

② 細菌感染の治療


細菌感染によるかゆみは、原因となっている菌が減少しない限り、治ることはありません。専門である皮膚科でかゆみの原因菌に対する治療を行うことが必要不可欠!

細菌による感染症では、抗生物質によって原因菌を殺菌します。ただし、糖尿病の人は感染部分が化膿したりして重症化しやすいため、早期に治療を始めることが重要です。

 

■まとめ

血糖値と肌荒れの関係について振り返っておきましょう。

<高血糖が肌荒れを引き起こす原因はコレ!>
① 肌の乾燥
② 細菌の感染

 
肌の乾燥による肌荒れは、高血糖によって、尿や汗で水分がどんどん体外に出てしまう水分不足が原因。

また、細菌の感染による肌荒れは、高血糖によって免疫機能が低下することが原因。

血糖値が高いと、肌の状態にも注意を払わないといけません!常に体の状態に気を配っていきましょうね。

冒頭で紹介した私の母は、肌の状態を良好にするために、血糖値にも気を遣っていますよ(^^)

肌の対策と血糖値コントロールの両方を行い、肌荒れを改善させていきましょうね!

(Visited 741 times, 1 visits today)