「甘いものの食べ過ぎが糖尿病なの??」

糖尿病の患者さんからこんな質問を受けました。

実際、私も糖尿病のことを勉強する前には、甘いものの摂り過ぎだけを注意すればよいもの思っていました(^_^;)

甘いものの食べ過ぎが糖尿病につながるというのは、結構よく聞く話。だとすれば、甘いものを控えることによって、糖尿病を防げるということになります。

しかし、現実には甘いものをそれほど摂っていないのに、糖尿病になる方もいますよね!どうしてなのでしょうか?

そこで気になるのが・・・
甘いものだけが糖尿病に直結するのか

確かに両者には大きな関係性がありますが、他にも原因があるのです!どういうことなのかを詳しくお伝えしていきますね(^^)

今回は甘いもの食べ過ぎ糖尿病の原因なのかを見ていきましょう!

 

スポンサードリンク


■甘いものに注意すれば糖尿病は防げる?


甘いものを食べ過ぎると、糖尿病になりやすくなるということを耳にしたことはありませんか?それは、事実です。

それに加えて、頭に入れておきたいことがあります!それは・・・

甘いものの食べ過ぎ=糖尿病ではないこと
 
糖尿病は血糖値が上がることが原因で起こる病気。血糖値を上げる原因は糖質ですが、糖質は甘いものだけが関係するわけではないのです!

実は、糖質は甘いものだけではなく、炭水化物にも多く含まれているんですよ(^^)

炭水化物は主食に多く含まれており、例えばご飯・麺類・パンなどがあります。体内で糖質に変換されるため、これらの摂り過ぎによっても、糖尿病のリスクが高まるのです!

 
つまりこういうことが言えます。

甘いものが糖尿病の原因になるのではなく、甘いものを含む糖質の多い食べ物の食べ過ぎが糖尿病の原因になるということ。

 
糖質を多く摂取する食生活によって、糖尿病のリスクが高まるわけです。それは膵臓による影響が大きく関係しています。

糖尿病と膵臓の関係について、次の章で見ていきましょう!

 

スポンサードリンク


■糖尿病は膵臓を酷使した結果!?


食べ物の摂取によって血糖値が上がると、血糖値を下げるホルモンであるインスリンが分泌されます。

インスリンの働きにより、血液中のブドウ糖が細胞に吸収されます。エネルギーとして変換されたり、筋肉や脂肪組織に蓄えられるわけです。

このようなメカニズムによって、血液中の糖の状態が通常時に戻るというのが正常な体内の働きです。

ところが糖質を摂りすぎると、血液中の大量の糖を対処しようとして、膵臓がインスリンを多量に分泌します。この状態が続くと膵臓が酷使されていき、やがて疲れ果てた状態に・・。

その結果、膵臓の働きが悪くなり、インスリン分泌の低下・働きの低下が起こるということ。これが糖尿病の状態です。

 
インスリンが出にくくなると、血糖値を下げることが難しくなり、慢性的に血糖値が高い状態が続くようになります。

一度膵臓の中のインスリンを分泌する細胞が壊れてしまうと、再生することは不可能。そのため、糖尿病は完治しない病気だと言われているのです(;_;)

 
こういう状態にならないようにするためには、甘いものを含む糖質の多い食べ物の摂り過ぎに注意することが大切。

糖質の多く含む食べ物を節制して、膵臓を大切にしていきましょうね!

 

■まとめ

甘いものと糖尿病との関係について振り返っておきましょう。

<甘いものの食べ過ぎが糖尿病の原因?>
甘いものの食べ過ぎ=糖尿病ではない

血糖値が上がる原因は糖質
⇒ 甘いものだけが関係するわけではない

 
糖質は甘いものだけではなく、ご飯・麺類・パンなどにもたくさん含まれています。つまり、ご飯などを食べ過ぎることによっても、糖尿病の原因となるのです!

血糖値が上がる原因には、膵臓の機能が大きく関係しています。膵臓からは血糖値を下げるインスリンが分泌されますが、酷使されることによって働きが低下していくのです・・。

その結果、血糖値が慢性的に高い疾患である糖尿病になってしまいます。

冒頭で紹介した糖尿病の患者さんには、「甘いものだけでなく、ご飯やパンなどの食べ過ぎも原因になりますよ!」とお伝えしました。

「今まで甘くないからと思って、ご飯やパンも結構摂ってたな~。今後は節制するよ!」と言ってくれました(^^)

ついつい血糖値を上げるものは、甘いものだけと思いがちですよね。そうではないということをしっかりと頭に入れておきましょう!

糖質を多く含む食べ物の摂り過ぎを避け、自分の体を大事にしていきましょうね!

(Visited 723 times, 1 visits today)