「インスリンの分泌低下はどうして起こるの??」

インスリンは血糖値を下げる唯一のホルモン。血糖値を上げるホルモンであれば、多くあるんですけどね(^^;

そこでふと思ったのが、「インスリンの分泌低下が起きると、大変なんじゃないかなぁ・・」ということ。

血糖値を下げるために必須であるインスリン。インスリンの分泌低下が起きると、高血糖状態となってしまいます。そこで気になるのが・・・

インスリン分泌低下の原因

インスリンを分泌しているのが膵臓です。インスリンの分泌低下には、膵臓の働きが大きく関係しています!

今回はインスリン分泌低下原因について見ていきましょう!

 

スポンサードリンク


■インスリン分泌低下のメカニズムとは?


インスリンの分泌低下が引き起こされるのは、どうしてなのでしょうか?主な原因は・・・

膵臓の機能が低下するから

人の体には、膵臓のβ細胞から分泌されるインスリンによって、血糖値が下がるというメカニズムがあります。しかし、糖尿病になると、インスリンの分泌量が低下するため、血糖値が下がりにくくなるのです。

インスリンの分泌低下には、膵臓の機能が大きく関係しています。そのメカニズムについてお伝えしていきますね!

 
食べ過ぎや運動不足など不摂生な生活によって、膵臓が酷使されていきます。そうした状態が続くと、膵臓が疲弊して次第に十分なインスリンを分泌できなくなることに・・。

その結果、インスリン分泌低下が起こるのです!

更にこの状態が続くと、インスリンを分泌する膵臓のβ細胞が徐々に死滅していきます。全体的なインスリンの分泌量が減るため、さらなるインスリン分泌低下を招くことになるのです。

インスリン分泌低下の度合いには、個人差があります。この膵臓のβ細胞は、遺伝的要素として元々数が少なかったり、能力が弱い人もいるからです。そこに不摂生な生活習慣が加わると、より糖尿病を発症しやすくなります。

 
インスリン分泌低下が極度に進行すると、さらに恐ろしいことがΣ(゚Д゚) それは、膵臓のβ細胞は一度死滅してしまうと、復活することはないということ!

そのため、糖尿病は完治しない病気と言われています。ただし、死滅する前の段階であれば、インスリン分泌を改善することは可能です。

取り返しがつかなくなる前にインスリン分泌を改善させるのは、とても大切なこと!

次の章ではインスリン分泌を改善させる方法についてお伝えしていきますね。

 

スポンサードリンク


■インスリン分泌を改善するには?


インスリン分泌を改善するためには、何が大切なのでしょうか?それは・・・

膵臓にかかる負担を減らすこと

インスリンが健康な人と同じように分泌されるようになれば、膵臓に負担がかかりにくくなります。そのためには、血糖値をコントロールする治療を行う必要があります。

そこで糖尿病の基本的な治療法としては、食事療法・運動療法・薬物療法があります。これらの方法を正しく実践することによって、膵臓への負担を減らし、インスリン分泌の改善につながるのです!

 
覚えておきたいのは、膵臓のβ細胞を疲弊させるのは簡単でも、回復させるのは根気が必要だということ。例えば、好きなものを食べるのは簡単でも、ダイエットは難しいですよね(^_^;) それと同じようなことが言えます。

そこで、インスリン分泌低下が起きてしまった際には、これ以上膵臓を疲弊させないことがとても重要なのです。インスリン分泌低下の状態を放っておくと、膵臓に負担がかかり続けて機能がどんどん低下していきます。

 
そうならないためにも、インスリン分泌低下を防ぎ、膵臓の機能を長持ちさせることが大切。日々の規則正しい生活習慣を心掛け、しっかりと治療を行っていきましょうね!

 

■まとめ

インスリン分泌低下の原因について振り返っておきましょう。

<インスリン分泌低下の原因はコレ!>
膵臓の機能低下

 
膵臓のβ細胞から分泌されるインスリンによって、血糖値が下がります。しかし、不摂生な生活を続けていると、膵臓の機能が低下して、インスリンの分泌低下が起こります。

インスリン分泌低下のメカニズムについて簡単にまとめてみました!

<インスリン分泌低下のメカニズム>
不摂生な生活を継続
 ↓
膵臓が酷使される
 ↓
膵臓が疲弊して十分なインスリンを分泌できなくなる
 ↓
インスリン分泌低下が起こる

 
美味しいものをたくさん食べたり、ぐーたらする生活は楽なもの(^_^;) ただし、こういう生活を続けていると、膵臓が酷使されていきます。

膵臓を酷使するのは簡単でも、回復させるのは根気が必要です!取り返しのつかない状態になる前に、日々の規則正しい生活を心がけていきましょう。

また、糖尿病の基本的な治療法としては、食事療法・運動療法・薬物療法があります。指示をしっかり守り、膵臓の機能を長持ちさせていきましょうね!

(Visited 428 times, 1 visits today)