「尿糖と血糖値ってどんな関係があるの??」

私は大学で医療の知識を学ぶまでは、尿に糖が出るから“糖尿病”という名称なんだと思っていました(^^; 結構こんな認識している方も多いのではないでしょうか?

実はこの認識は、テストだと部分点しかもらえないという感じなんです(;_;)

血糖値が高くなると、尿糖が出る可能性があります。しかし、糖尿病だからといって、必ずしも尿糖が出るわけではありません!

どういうことなのか気になりますよね(^^) そこで今回ピックアップした内容が・・・

尿糖と血糖値の関係

尿糖と血糖値が単独の場合だと、何となくどういった項目は分かるかもしれません。しかし、両者の関係となると意外と分かりにくいんですよね(+_+)

今回は尿糖血糖値関係について見ていきましょう!

 

スポンサードリンク


■尿糖と血糖値には関係がある?


尿糖は血液中のブドウ糖が尿中に排泄されたもの。血糖値は血液中のブドウ糖の濃度のこと。

両者にはどういった関係があるのでしょうか?それは・・・

基本的に相関関係

つまり、尿糖が高ければ血糖値も高いということ。

もう少し医学的な情報を絡めると、尿を生成するときに血糖値が高い状態であったことを示します。それはどういったことなのでしょうか?

そのメカニズムを簡単に知っておきましょう!

 
血糖が正常の場合、血液中のブドウ糖は腎臓で一度ろ過されます。ただし、ブドウ糖は体のエネルギー源として必要な物質であるため、血液中に戻されます。

そのため、正常だとブドウ糖は尿中に排泄されず、検査を行っても尿糖は検出されません。

しかし、血糖値が高くなり、血中に戻ることのできる能力を超えると、溢れた分が尿糖として検出されるように・・。

尿中に糖が排出され始める時の血糖値を閾値(いきち)と呼びます。閾値は人によって違いはあるものの、おおよそ血糖値が160~180mg/dlとされています。

つまり、尿糖が出れば、体内で血糖値が高い状態が起こったということ!

 
尿糖が高ければ、当然血糖値も異常値を示すと思いますよね。実は尿糖が高くても、血糖値が正常な場合もあるのですΣ(゚Д゚)

どういうことなのかを、次の章で見ていきましょう!

 

スポンサードリンク


■尿糖が検出されるのに血糖値は正常!?


尿糖は排尿と排尿との間の血糖の状態を表す数値。それに対し、血糖値は採血した瞬間の血糖の状態を表す数値。

糖尿病を発症すると、血糖値が空腹時・食後ともに正常値より高い状態が続きます。しかし、糖尿病の前段階(糖尿病予備軍)では、空腹時の血糖値は正常であっても、食後のみ血糖値が高くなる食後高血糖という現象が起こります!

食後高血糖は、食事の後は血糖値が正常範囲を超えるものの、時間が経過すると血糖値が正常範囲にまで下がります。

先ほどの章で、血糖値が閾値(160~180mg/dl程度)を超えると、尿糖が排泄されるようになるとお伝えしましたね。

食後高血糖だと、食後にこの閾値を超える可能性があります。そうすると、尿糖が検出されるという仕組みなのです!

 
空腹時の状態で検査をする一般的な健康診断では、次のような危険が(;_;) 空腹状態であるため、正常と判定されてしまい、食後高血糖があったとしても、見逃してしまう恐れがあるのです!

食後高血糖を放置しておくと、やがて空腹時血糖値も高くなって、完全な糖尿病に・・。それを防ぐためにも、尿糖検査は非常に重要なのです!

 
血糖値を計測するには採血で指先などに針を刺す必要があり、痛みを伴います。しかし、尿糖検査であれば、尿糖計のセンサーや尿試験紙に尿をつけるだけなので、痛みがなく、手軽に検査ができるのです!

尿糖検査では、血糖値のように採血した瞬間の血糖の状態が分かるわけではありません。しかし、尿糖が出れば血糖値が高い状態があったことが分かるという、糖尿病の早期発見に非常に有用な検査なのです!

 
尿糖検査を行う上で、注意すべき点もあります。最後に尿糖検査の注意点を把握しておきましょう!

 

スポンサードリンク


■尿糖検査の注意点とは?


尿糖検査には、注意を要する点があります。それは、糖尿病であっても、尿糖が出るとは限らないこと。

糖尿病の診断基準は血糖値であり、尿糖が検出されることではありません。たとえ尿糖が検出されても、糖尿病の確定診断には、血糖値の検査を行うことが必須なのです!

そのため、糖尿病だと必ず尿糖が出るという誤った認識を持たないようにしましょうね!

尿糖が陰性でも糖尿病の可能性がある理由については、こちらの記事をご参照くださいませ。
⇒ 尿糖が陰性でも糖尿病の可能性がある!?その理由には血糖値が関係!

 
尿糖と血糖値は、検査を行った時に反映される血糖の状態に違いがあります。

尿糖検査で有用なのは、見逃されがちな食後高血糖を早期に発見できる点。血糖値検査で有用なのは、採血時の血糖状態が分かること。

両者のそれぞれの特徴を理解し、血糖状態を良好にしていきましょう!

 

■まとめ

尿糖と血糖値の関係について振り返っておきましょう。

<尿糖と血糖値の関係はコレ!>
尿糖と血糖値は基本的に相関関係

 
尿糖がたくさん出れば、血糖値も高くなります!

厳密には、尿糖が検出されれば、血糖値が高い状態があったということ。尿糖と血糖値の両方が高い場合には、糖尿病が強く疑われます。

ただし、例外もあります。それは、尿糖が検出されても血糖値が高くない場合!この状態は、食後のみ血糖値が正常範囲を超える糖尿病予備軍に当てはまります。

血糖値が高くなり、体で処理できる能力を超えると、溢れた分が尿糖として検出されるように。食後に血糖値が一気に高くなることで、尿糖が検出されるようになるのです!

糖尿病だからといって、必ず尿糖が出るというわけではないと知ったときは、今までの認識が180度変わったような感覚でした(^^)

尿糖と血糖値の関係を把握し、それぞれの検査項目に着目してみましょうね!

尿糖が食後からどのくらいの時間で出やすいのかに関しては、こちらの記事をご参照くださいませ。
⇒ 尿糖は食後何時間で出るの?出やすいのはこの範囲!

(Visited 688 times, 1 visits today)