「糖尿病だとどうしてフットケアが必要なの??」

糖尿病の状態が長く続くと、足にダメージを受けやすくなります!

糖尿病の患者さんで足の先が黒く変色してしまっている方がいました。その患者さんは、「痛みや感覚を感じないから、いつの間にか足のダメージが酷くなっていて・・・」とのこと(;_;)

糖尿病になると、「フットケアを定期的にしていきましょう!」と言われたことがあると思います。糖尿病だとどうしてフットケアが大切なのでしょうか?

そこで気になるのが・・・
糖尿病だとフットケアが必要な理由

その理由には、糖尿病が原因で足の感覚が麻痺しやすいことと関係があります!フットケアを怠ってしまうと、足の切断という取り返しのつかない事態となることも・・・

そこで今回は糖尿病によるフットケア必要性についてお伝えしていきますね!

 

スポンサードリンク


■糖尿病だとフットケアが必要なのはなぜ?


糖尿病患者のフットケアの必要性が高いのは、なぜなのでしょうか?それは・・・

足の傷や異変の悪化を防ぐため

糖尿病によって、足に傷や皮膚の異常などに気付かないまま進行しやすくなります。そうすると、足の傷や異変がいつの間にか悪化してしまうのです!

それには、糖尿病による神経障害が関係しています。血糖値が高い状態が続くことによって、神経にダメージが蓄積されていくのです。

神経障害の症状が進行すると、神経が麻痺して痛みや温度を感じにくくなってしまいます。

痛みや温度を感じにくくなると、足にケガややけどをしていてもすぐに気付くことができません。発見が遅れて気付いた時には、ケガややけどが重症化し、足の切断という取り返しのつかない事態を招くこともあるのです!

足は目に触れる機会が少なく、傷や異変に気付きにくい部位。そのため、フットケアが非常に大切なのです!

 
「すぐに足の切断に至るわけじゃないから、心配し過ぎじゃないの?」と思った方は要注意!

こんな気持ちで日常のフットケアを怠ってしまうと、どのようなことが起こるのでしょうか?

次の章で詳しく見ていきましょう。

 

スポンサードリンク


■フットケアを怠るとどうなるの?


毎日のフットケアが不十分であると、どんな状態を招く恐れがあるのでしょうか?それは・・・

足の壊疽(えそ)に至る可能性

壊疽とは組織や細胞が腐敗し、黒く変色してしまう状態のこと。この状態になると、足を切断せざるを得なくなることもあるのです!

神経障害があると、足に傷などの異変があっても痛みを感じにくいため、放置してしまいがちに。足の異変を放置しておくと、以下のような経過を経て、足の切断に至る恐れがあります。

<足の異変が重症化するメカニズム>
・外傷・やけど・靴擦れ・タコ・魚の目などによってできた傷口が化膿する
 ↓
・化膿の悪化によって、細菌感染が皮膚の内部へと進む
 ↓
・組織や細胞が死んでしまう壊死が起こる
 ↓
・組織や細胞が腐敗し、壊疽を引き起こす
 ↓
・足の切断

 
壊疽によって、全身に菌が回って増殖する敗血症という症状を引き起こす可能性が生じます。敗血症は生命の危険がある症状であるため、足を切断せざるを得なくなるのです。
 

足の壊疽に至るのを防ぐためには、足の傷や異変を早期発見する必要があります。そのために重要なのがフットケア!

具体的にどのような方法でフットケアを行うのがよいのでしょうか?

次の章で詳しくお伝えしていきますね!

 

スポンサードリンク


■フットケアの方法とは?


フットケアは具体的にどんな方法で行えばよいのでしょうか?

特に大切なポイントが下記の5つ。

  • 足を清潔に保つこと
  • 爪の手入れを行うこと
  • 靴下を履くこと
  • 火傷を防ぐこと
  • 乾燥を防ぐこと

それぞれについて詳しく見ていきましょう!

① 足を清潔に保つこと

足はよく汗をかくため、蒸れやすい部位。汗をかいたままの不潔な状態でいると、細菌に感染しやすくなります。

そのため、足を清潔に保つことが大切です。入浴する時は、柔らかいタオル・スポンジで、洗い残しやすい足の裏や足の指の間まで優しく丁寧に洗うようにしましょう!

また、洗った後は、足の指の間まで水分をしっかりとふき取りましょうね。

② 爪の手入れを行うこと

爪が伸びていると、割れたり引っかけたりすることで、ケガの原因となります。そうならないように、しっかりと爪の手入れを行いましょう!

爪を切る際は、一直線に少しずつ切り、爪の角を深く切り落とさないで残すようにすること。また、深爪をしないように注意しましょう。

また、爪が分厚くなっていたり巻き爪になっていたりして自分で切りにくい場合は、無理に自分で切らず、医師や看護師に処置してもらいましょう。

③ 靴下を履くこと

素足だと、誤って尖ったものを踏んだりして、傷が出来てしまうことがありますよね。靴下を履くことで、足を保護することができます!

通気性の良い素材(綿など)のもの、サイズが合ったもの、締め付け過ぎないものを選ぶのがよいでしょう。

④ やけどを防ぐこと

やけどの中でも低温やけどには特に要注意!

湯たんぽ・カイロ・こたつ・電気カーペットなどを長時間皮膚に押し付けることによって、低温やけどが起こる可能性があります。

低温やけどとは、温かいもの(40~60℃程度)に長時間触れ続けることによって起こるやけどのこと。見た目はたいしたことがなくても、皮膚の深い部分にまでダメージが及んでいるのが特徴です。

局所的に温める暖房器具よりも、なるべく部屋全体を温める暖房器具を利用するようにしましょう!

⑤ 乾燥を防ぐこと

皮膚が乾燥すると、かゆみが生じやすくなります。

皮膚の乾燥を防ぐためには保湿クリームを塗るのが効果的。ただし、指の間は湿って水虫の原因になることがありますので、避けるようにしましょうね。

 
足の異変を重症化させないためには、定期的にフットケアを行うことが大切!万が一異変に気付いた際には、主治医の診察を受け、適切な治療を受けるようにしていきましょうね。

 

■まとめ

糖尿病だとどうしてフットケアが大切になるのかを振り返っておきましょう。

<糖尿病だとフットケアが必要な理由がコレ>
足の傷や異変の重症化を防ぐため

・糖尿病による神経障害
 ↓
・感覚が鈍くなる
 ↓
・ケガや火傷に気付きにくい
 ↓
・その中でも足は目に触れる機会が少ない
 ↓
・重症化する可能性

 
糖尿病によって、気付かないうちに足に傷や皮膚の異常などが起こりやすくなります。足の傷や異変が重症化することを防ぐため、フットケアが非常に重要!

フットケアを怠ると、足の傷や異変の重症化から壊疽を起こし、足の切断に至る恐れも(;_;)

フットケアで特に重要なポイントは、足を清潔に保つこと・爪の手入れを行うこと・靴下を履くこと・火傷を防ぐこと・乾燥を防ぐことの5点です。

冒頭でご紹介した壊疽を起こした患者さんは、フットケアを行っていなかったとのこと(+_+) フットケアを毎日しっかりと行っていけば、壊疽に至るのを防げた可能性が非常に高いです!

足の異変を重症化させないためには、日々のフットケアで異変を未然に防ぐことや、早期発見によって適切な治療を受けるようにしていきましょうね!

壊疽を引き起こす際には、どんな初期症状が出るのでしょうか?早期発見をするためにも、下記の記事をご参照くださいませ。
⇒ 糖尿病による壊疽の初期症状とは?2つの異変に要注意!

(Visited 710 times, 2 visits today)