「糖尿病からくる足のしびれを改善するには、どうすればいいの??」

病院の糖尿病患者さんで、足のしびれの症状がある方がいます。長期的に症状が続いているので、何とかして改善していきたいとのこと(^^;)

糖尿病による足のしびれは、血糖値の高い状態が続いて、足先の神経が障害されていくことが主な原因。症状に対する薬を服用することによって、しびれを緩和することはできますが、根本的な改善には至りません(;_;)

糖尿病による足のしびれを改善するには・・・
適切な血糖コントロールをしていくこと

症状を改善していくためには、血糖値を下げることが必要なのです。そのためには、食事療法・運動療法・薬物療法を継続していく必要があります!

今回は糖尿病による足のしびれ改善する方法について見ていきましょう。

 

スポンサードリンク


■足のしびれ改善のためには?

糖尿病による足のしびれは、高血糖状態が続くことによって生じる足の神経障害が原因。症状を根本的に改善するには、食事療法・運動療法・薬物療法を行い、血糖値を良好にコントロールしていく必要があります。

食事療法・運動療法・薬物療法の具体的な内容について、見ていきましょう。

① 食事療法


食事療法は血糖値の急上昇を避けるために、食事の内容や量を制限する治療法です。

炭水化物・タンパク質・脂質の三大栄養素に加え、体の調子を整えるビタミン・ミネラル、食物繊維を多く含む野菜・キノコ類・海藻類を過不足なく摂って、栄養バランスの摂れた食生活を心がけるようにしましょう。

また、食後急激に血糖値が上がると、インスリンが大量に必要になり、膵臓に負担がかかります。そのため、1日3食できるだけ量を均等にし、可能な限り毎日同じくらいの時間に食事をすることが大切!

② 運動療法

運動療法によって、血糖値を下げることや、体脂肪を燃焼させることによって、糖尿病の進行を防ぐ治療法です。

運動の中で特に取り組みやすいのがウォーキング。特別な場所や道具が不要で、運動が苦手な人でも取り組みやいため、糖尿病の運動療法に最も適した運動と言えます。

運動を続けていくことによって、基礎代謝を上げることや血糖値を下げるホルモンであるインスリンの分泌が高まります。

つまり、血糖値が上がりにくい体質を作る効果が期待できるというわけです!

③ 薬物療法

食事療法・運動療法を続けても血糖値が改善しない場合、経口薬やインスリン注射による薬物療法も並行して行います。

ただし、薬が効き過ぎて血糖値が必要に下がってしまう低血糖という副作用が出る恐れがあります。

そのため、薬の用法・用量を守る、できるだけ食事を規則正しく摂る、空腹時の運動を避けるといった対策が必要です!

 
糖尿病による足のしびれが軽度であれば、上記の食事療法・運動療法・薬物療法を継続して血糖値の状態を良好に保てれば、次第に足のしびれは改善していきます!
 

糖尿病による足のしびれは、血糖値が高い状態が続くことによって、神経が障害されていくことが原因ですが、どういったメカニズムなのでしょうか?

次の章で詳しく見ていきましょう。
 

スポンサードリンク


■足のしびれが起こる原因とは?


糖尿病による足のしびれは、どういったことが原因なのでしょうか?

それは、血糖値の高い状態が続くことによって、足の神経細胞内にソルビトールが蓄積することです。

ソルビトールとは、ブドウ糖から合成されてできる糖の一種であり、甘味料としても用いられています。また、リンゴ・ナシなどの果物にも多く含まれています。

ソルビトールは体内で代謝されるため、通常、神経細胞内にソルビトールが蓄積することはありません。

しかし、糖尿病を発症して血糖値が高い状態が続くと、ブドウ糖をソルビトールに変換するアルドース還元酵素という酵素が活性化されて、ソルビトールが多量に作り出されてしまいます。

その時、作り出されたソルビトールの量が多くなり過ぎると、神経細胞内に蓄積され、神経に障害を引き起こしてしまいます。

神経障害は、発症してから長い期間をかけて徐々に悪化していきます。そのため、早期治療によって血糖値をコントロールすれば、神経障害の症状を改善することが可能です。
 

また、ソルビトールの生成を抑える薬による治療を行うことによって、神経障害による足のしびれなどの症状を一時的に緩和することもできます。

では、ソルビトールの生成を抑える薬とはどのような薬なのでしょうか?

次の章で詳しく見て行きましょう。
 

スポンサードリンク


■ソルビトールの生成を抑える薬がある?


ソルビトールは、アルドース還元酵素の働きによって生成されます。そう、つまりアルドース還元酵素の働きを抑えればよいのです!

アルドース還元酵素阻害薬を服用することによって、足のしびれを緩和することができます。

ただし、アルドース還元酵素阻害薬は、あくまでしびれへの一時的な対処法に過ぎず、神経障害の根本原因を改善するものではありません。

そのため、薬の服用だけでなく、食事療法・運動療法・薬物療法を続けて、血糖コントロールすることが不可欠。

日々の規則正しい生活習慣によって血糖値を改善し、足のしびれを改善していきましょう!
 

■まとめ

糖尿病による足のしびれを改善するために必要なことについて、振り返っておきましょう。

<足のしびれを改善するために必要なことはコレ!>
① 食事療法
② 運動療法
③ 薬物療法

 
糖尿病による足のしびれは、足先の神経細胞にソルビトールという糖が蓄積して、神経障害が起きることが主な原因。

根本的なしびれの原因を解消するためには、食事療法・運動療法・薬物療法を継続して、血糖値をコントロールすることが不可欠です。つまり、地道は努力が必要ということ!

冒頭で紹介をした糖尿病患者さんは、現在上記の治療法を頑張って続けています!特に、食事には十分に注意を払い、徹底した血糖コントロールを行いました。

その結果、今では足のしびれに悩まされる頻度は相当減ったとのこと(^^)

食事療法・運動療法・薬物療法をしっかりと行い、足のしびれを改善させていきましょうね!

(Visited 1,876 times, 1 visits today)