「風邪で血糖値が上がるのはどうして??」

糖尿病である私の母が風邪を引いた時に、血糖値がいつもより高い値を示しました。「たまたま高い値がでたのかな?」と思い、再度計測してもやはり高い・・・

血糖値が上がる原因は主に食事ですが、意外なことで血糖値に影響を及ぼすことがあります。その意外な原因の1つが風邪

どうして風邪によって血糖値が上がるのでしょうか?その原因は主に2つ。

  • ホルモンのバランスが崩れる
  • 体内の水分が奪われる

風邪と血糖値の関係ってなかなかイメージがわかないですよね(^^;) この2つの原因について体のメカニズムを交えてお伝えしていきます!

今回は風邪血糖値上がる原因について見ていきましょう。

 

スポンサードリンク


■原因①:ホルモンのバランスが崩れる


原因の1つ目はホルモンのバランスが崩れること。

風邪を引くと血糖値が上がるのには、体内のホルモンのバランスと関係があります。人間の体は風邪を引くと、血糖値を上げて細菌やウイルスと闘うように働くのです。

アドレナリンといった血糖値を上げるホルモンが分泌されて、風邪を治そうとするのです。さらに、唯一血糖値を下げるホルモンであるインスリンの働きを抑制してしまいます。

このようなホルモンの変化は健康体の人にとっては、特に大きな問題となりません。安静にしていれば、自然に治まります。

 
しかし、注意をしたいのが糖尿病を患っている場合!

元々血糖値が高いことに加えて、血糖値が上がるアドレナリンなどが分泌されることによって、血糖値の上昇を引きおこすことになります。さらに、インスリンが不足しやすい糖尿病患者にとって、風邪を引くことはインスリンの不足にもつながるということ。

つまり、血糖値が大きく上がる危険性が高くなるのです。

そこで糖尿病の人は、身体に負荷をかけすぎないことを意識する必要があります。風邪を引いてしまった場合には、無理をせず、早めに休みを取ることや医療機関を受診するようにしましょうね。

体内ホルモンが大きく乱れることがないように注意する必要があるのです。

 
風邪を引いた時、ホルモンの分泌の他にも体内の状態が変化しやすくなります。

続いて、風邪をひいた時に高血糖になりやすい原因の2つ目について見ていきましょう。

 

スポンサードリンク


■原因②:体内の水分が奪われる


血糖値が上がる原因の2つ目は体内の水分が奪われること。

風邪を引くと発熱や下痢などによって、体の水分が失われやすくなります。そのため、体は水分が不足している状態に。

体の水分が失われるということは、もちろん血液中にある水分も失われるということ。血液が濃縮されることで、血糖値が上がってしまうのです。

血糖値とは血液という液体に溶けている糖の濃度を指します。そのため、血液中の水分が少なくなれば、糖の濃度が濃くなるということ。

 
健康体の人の場合は、体内の水分が少なくなっても、問題になるほど血糖値が上がることはありません。

しかし、糖尿病の人にとっては危険な状態と言えます。ただでさえ水分が体外に出ていきやすいことに加えて、さらに風邪によって水分が出ていきやすい状態なのです!

血糖値が高いと体内の水分が奪われやすいメカニズムについては、こちらの記事をご参照くださいませ。
⇒ 高血糖だと脱水になるメカニズムとは?血糖が大きく関係!

 
そのため、糖尿病を患っていて風邪を引いた場合には要注意!発熱・下痢・嘔吐などの症状が始まった場合には、脱水症状に十分注意するようにしましょうね。

水分や電解質(塩分・カリウムなど)を細めに補給することを忘れないようにし、少しでも体に異常を感じた場合は早めに医療機関を受診することが大切。

喉の渇きを感じる前に早め早めの水分補給を行い、血糖値の上昇を防いでいきましょう!

 

スポンサードリンク


■まとめ

風邪で血糖値が上がる原因について振り返っておきましょう。

<風邪で血糖値が上がる原因はコレ!>
・ホルモンのバランスが崩れる
・体内の水分が奪われる

 
風邪を引くと、血糖値を調整するホルモンのバランスが崩れることにつながります。細菌やウイルスを体内から排除しようと、血糖値を上げるホルモンであるアドレナリンなどが分泌されます。それに加えて、血糖値を下げるホルモンであるインスリンの分泌が低下してしまうのです。

また、発熱や下痢などによって体内の水分が奪われやすくなります。体内の水分が少なるということは、血液の濃度が濃くなるということ。つまり、血液が濃縮されてしまうことによって、血糖値が上がるのです。

母はこれらのことを知ってから、風邪を引いた時には十分注意を払うようになりました(^^) 身体に負荷をかけ過ぎないようにすることと、水分を多めに摂るように意識をしています!

風邪を引くと血糖値が上がりやすいということを頭に入れて、不安要素を少しでも減らしていきましょうね!

(Visited 4,501 times, 1 visits today)