「夏になると血糖値が上がりやすくなるの??」

食事によって血糖値が上がるのは、大半の方が知っていると思います。私は先日、季節によっても血糖値の変動が起きるということを知りました(^^)

糖尿病で意識をしたいのが、血糖値のコントロール。食事・運動・薬によってコントロールしているという方がほとんどだと思います。

しかし、血糖値が上がりやすくなる一つの要素として季節も関係があります。実は、一番血糖値が上がりやすい季節が夏。そこで気になるのが・・・

夏に血糖値が上がる原因

それには、夏特有のある現象が関係してくるから!対策を立てるためにも、原因をしっかりと把握しておきましょう。

今回は血糖値上がる原因についてお伝えしていきますね。

 

スポンサードリンク


■夏に血糖値が上がる原因とは?


「夏は食欲が低下して食べる量が減るから、血糖値は上がりにくいはず!」と思いがち。しかし、多くの場合は逆です。

夏に血糖値が上がるのは、どういったことが原因なのでしょうか?その答えは・・・

血液が濃くなりやすいから

夏は気温が高いので、汗をよくかきますよね。そうすると、体内からどんどん水分が奪われていき、体は脱水状態になります。

血液中の水分が多く失われることになり、血液が濃くなるのです。その結果、血糖値が上がるということ。

夏は、血糖値が上がりやすいということをしっかりと覚えておきたいもの(^^) そのため、こまめな水分補給を行うことで、回避できる確率がグッと上がりますよ!

 
夏は汗をかくことによる脱水症状の他にも、血糖値が上がりやすくなる要因があります。

それがどういったことなのかを次の章で見ていきましょう!

 

スポンサードリンク


■糖尿病の方は要注意!


糖尿病の方が夏の時期に注意が必要なのは、他にも理由があります。それは・・・

糖尿病だと脱水が加速するから

健康体の場合、血液中のブドウ糖は血糖値を下げるホルモンであるインスリンによって分解されます。しかし、このインスリンの分泌が正常でなくなり、分解できないブドウ糖が血液中に多くなるのが糖尿病。

糖尿病の場合、インスリンにより分解できなかった血液中の過剰なブドウ糖は、尿によって排出されることになります。ただし、そのためには水分も多く必要になります。

そこで問題になるのが夏の気候

先ほども述べたように、暑いと汗をよくかくようになり、脱水状態を起こしやすくなります。脱水症状になると、水分を体内から出さないようにするため、尿の量が減ることに。

本来尿によって排出されるブドウ糖が体外に排出されにくくなるのです。その結果、さらに血糖値が上がりやすくなるということ!

 
このメカニズムは健康体の場合は、当てはまりません。糖尿病でない人は、夏だからといってそう簡単に血糖値が上がるとことはないのです。

健康体の場合は、脱水状態が続いてもインスリンが多く分泌されることによって、血糖値が高くなる状態が抑えられます。確かに脱水症状は危険ですが、血糖値には大きな影響を与えません。

糖尿病の場合は、夏の環境による大量の汗と尿量の減少が、血糖値の上昇につながることを覚えておくことが大切!

血糖値を上げないように、暑い時期には水分補給を欠かさず、脱水状態になることを防いでいきましょうね。

 

■まとめ

夏に血糖値が上がる傾向にあるのはなぜかを振り返っておきましょう。

<夏に血糖値が上がる原因>
血液が濃くなりやすいから

汗を大量にかく

体内の水分が奪われる

血液が濃くなる

血糖値が上がる

 
血糖値とは、血液中に含まれているブドウ糖の濃さのこと。夏は、汗を大量にかくことによって体内の水分が奪われていきます。その結果、血液が濃くなり、血糖値が上がるというメカニズム。

夏に血糖値を測定した際に、「どうしてこんなに高いんだろう?」という場合が出てくると思います。そんな場合には、喉が渇いていないかどうかを確認することが大切!

さらに、糖尿病だと普段からの血糖値が高い状態ですよね。

夏は汗によって多くの水分が失われるため、体は水分をなるべく体外に出さないようになります。そうすると、本来尿と一緒に排出されるはずのブドウ糖が体内に留まってしまうのです(;_;) 血糖値がさらに高くなって、危険な状態を引き起こすリスクが上がるので要注意!

夏は特にこまめな水分補給を行い、血糖値の急激な上昇を防ぐようにしましょうね!

夏に注意するポイントに関する記事もあります。こちらもご参照くださいませ。
⇒ 糖尿病だと夏に注意!?危険な理由には水分が大きく関係!

(Visited 404 times, 1 visits today)